結婚式招待状のよくある質問(Q&A)

 

初めての事で分からない事ばかりだと思います。招待状全般の質問や疑問をまとめました。分からない事がありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

①招待状は何通必要ですか?

結婚式の招待状は、一人に1通です。
ただ、夫婦・子供(未成年)を招待される際は、1通で構いません。家族の皆様が成人者の場合は、1通つづ、ご準備したほうがいいです。

 

 

②封筒や返信ハガキに貼る切手は、必ず慶事用切手でないといけませんか?

鶴や寿のデザインされた慶事用切手を使用して頂く事が好ましいですが、花嫁のデザイン切手や、季節の花シリーズの切手を使用される方もいます。
または、好きな写真を切手にできるサービスもありますので、お二人の個性をいかしたオリジナルの切手を作るのも良いでしょう!

 

 

③印刷のミスをしてしまった。修正インク・修正テープで訂正してもいいでしょうか?

一文字でもミスを見つけたら、発送が遅れてでも、速やかに印刷し直しましょう。
もし、発送後にミスを見つけてしまったら、お詫びの手紙を訂正して送りましょう。

 

 

④メールでの招待状でも大丈夫ですか?

ふさわしくありません。必ず、紙の招待状にて招待しましょう。

 

 

⑤親にも、招待状は出すべきでしょうか?

省かれがちですが、1番目にお渡しすべきかと思います!
勿論、一緒に招待状を考え作成したとしても、直接、手渡ししてください。他の招待者以上に、ずっと記念に取っておくはずです。

 



 

⑥結婚式の招待状は、手作りをするのと会場に頼むととどちらがいいですか?

「費用を節約する為」・「二人のオリジナルを作りたい」、目的によって、どちらが良いのか、確定判断も難しいですが、はっきりしている事は、とても手間もかかり地味な作業です。

最近では、「費用節約の為」に手作りをする方が圧倒的に多くなってきました。格安で手作りキットを販売するショップが増え、作成するにあたり、テンプレートが充実してきてるからです。
手作りするには、パソコンとプリンターをご用意ください。手作りの際は、お二人で協力して制作されてくいださい。どちらかに丸投げをしてしまうと、とても負担になります。

お二人ともお仕事をされている場合、なかなか、お時間も少なく、より負担がかかってくるかと思います。
それを考えると、「印刷オーダー」でも良いかと思います。
会場もしくは、手作りキット販売ショップでも、印刷まで、してくれるところも増えてきています。会場に頼むより、だいぶ安くで完成できます。

 

 

⑦遠方からの招待者への交通費・宿泊費はこちらで準備するのでしょうか?

主催者側の新郎様・新婦様が手配し、交通費等の費用を負担する場合が多いです。特に遠方の方には、招待状を出す際、招待者へ心配をかけないよう、「こちらで用意させていただきました」などの案内文(付箋等)を添えた方がいいでしょう。

 

 

⑧招待者からの出欠の返事が返ってこない

お電話で連絡をとってみられてください。
締切日までに時間があるので、忘れている可能性もあります。
出席・欠席が不明ですと、席の配置や、記念品・お料理の手配が進まなくなりますので、必ず、早めに電話連絡をされてください!

返信ハガキの出し忘れではなく、引っ越し等されてて、届いてない場合もございます。
連絡する際は、相手に角が立たないように確認しましょう。
また、確認をとるときは、締切日ぎりぎりに出される場合もあるので、締切日から3~4日後に確認しましょう。
※初めは、出席の予定でも、急遽の用事や、体調不良による欠席も考えられます。
勿論、体調不良の場合は、当日に欠席の連絡がある場合もございます。