結婚式 慶事用の切手

 

結婚式の招待状のセットには、切手は、セットされていないのが一般的です。結婚式の招待状は一般のお手紙とは違いますので、お祝い用の切手(慶事切手)を使う事が望ましいです。一般的には「寿切手」と言います。 

 

①切手を貼るのも・枚数

封筒と返信ハガキの合計2種類の切手が必用です。※尚、手渡しの時は封筒への切手は不要です。
・封筒 = 招待状を郵送する際封筒に貼ります。
・返信ハガキ = ゲストの方が出席の不可を返信する為のハガキです。

 

 

②切手の金額について

結婚式の招待状を郵送する時は普通郵便を利用します。
切手の金額は重さ・大きさによって違います。結婚式の招待状は、デザインよって大きさ・重さが違う為、招待状に入れる一式を入れて一度、郵便局に持っていき重さを計量してもらうと安心です。

芳名帳の代わりにメッセージカードを入れたり、会場の地図を入れたりします。計量する際は、一番内容の多い方の招待状を計量しましょう。

  ・重さ   ~25g:82円切手
  ・重さ 25g~50g:92円切手

また、規定のサイズを超える封筒の場合は、定形外郵便となり慶事用切手は無いので、通常の120円切手を貼ります。複数枚(90円切手と30円切手等)貼るのはやめましょう。

  ・規定サイズ(23.5cm×12cm×1cm)
  ・重さ 50g
  
  これを超すと、規定外となります。

結婚式招待状の慶事用切手 ハガキ50結婚式招待状の慶事用切手 82円結婚式招待状の慶事用切手 90
慶事用52円普通切手
扇面に梅文様
慶事用82円普通切手
扇面に竹文様
慶事用92円普通切手
扇面に松文様

 

 

③切手を貼る位置

宛名・住所の書き方で違います。縦書きの宛名の場合は、左上に貼ります。横書きの場合は、右上に貼ります。

手渡しする招待者へは、封筒の切手は貼る必要はありませんが、返信ハガキの切手は、必ず貼りましょう。